Communication Energy NewYork

御社のマーケティングを向上させる簡単無料のSEOツール 16選〜21選(全3回)

本日で、第3回目を迎えるSEOツール特集ですが、探せば探すほど色々なツールがあります。今回は自社サイトの外部環境を改善するためのツールを紹介できればと思います。英語ばかりのツールで申し訳ありませんが、どんなツールか分かるようにお伝えしますので、さらに興味のある方は、いつでもお問い合わせ下さい。

 

 

16、Free Broken Link Checker

こちらのツールは、WebSite内のリンク切れがあるかどうかのチェックツールです。サイト内でリンクが切れるということはよくあることですので、一度確認するといいと思います。

Free-Broken-Link-Checker

 

 

 

17、Inky Bee

インキービーはみなさんのビジネスに関連した質の高いブロガーを探すことができるツールです。そして、ドメインごとページごとにソートさせることができて、情報収集やコンテンツづくりに効果が発揮されます。

inkybee-screenshot1

 

 

 

18、Linkody

Linkodyはいつバックリンクが設置されたかを教えてくれるツールです。ここまでは普通のツールだと思いますが、面白い特徴として、競合他社がどんなバックリンクが設置されたかメールでお知らせしてくれるツールです。SEOは相対的なもので、相手がいてこその順位付けになりますので、競合他社がどんなところからリンクを貼られているかを知ることは重要な要素ですね。

linkody-screenshot-2-768x678

 

 

 

19、Muck Rack

よく雑誌や新聞社のWebSiteから記事を書いてもらって、自社サイトへのアクセスを増やすことができればビジネスも加速しますよね。このツールはアメリカだけかもしれませんが、ジャーナリストにつながることができて、彼らの最近のツイートやコラムや最新の連絡先が入手できるというツールです。PR関連の方にはもってこいのツールですね。muckrack-screenshot-2

 

 

 

20、Remove’em

こちらのツールは、プロレベルのツールです。例えばグーグルからおかしなリンクであるとペナルティが来た時に役に立ちます。素晴らしい特徴として、どのリンクが悪いリンクに当たるかをはっきりさせてくれます。そのリンクがソートされ、わかりやすくなるため、グーグルのツールでバックリンクを受け付けないように設定すれば、SEO的に随分変化が期待できます。

removem-screenshot-768x423

 

 

 

21、Outreachr

こういったツールは、本当に有効です。こちらは外部リンク関連のツールではありませんが、かなり有効なSEOツールです。幾つかのSEOキーワードを入れると、そのWebSiteに適しているかどうか数字で計測してくれます。その計測基準はとてもたくさんのものがパッケージとなっており、ターゲットに届いているかどうかの判断をすればいいということになります。

outreachr-screenshot