Communication Energy NewYork

keywordtool-io_

御社のマーケティングを向上させる簡単無料のSEOツール 7選(全3回)

WEBのマーケティングにおいて、多くの企業が抱える課題がSEO対策です。Googleからの明確な基準が伝えられておらず、急に順位が変動することもあったりで、SEOはよくわからないとか、苦手意識、あきらめ感が社内に蔓延していることもあるようです。弊社お客様においても、SEOは専門性の高い情報であるため、普段の業務を行いながら、SEOを調べて対策を練ることができる企業はほとんどいらっしゃいません。

 

改めましてSEOとはSearch Engine Optimaization といって、検索エンジン最適化という意味になります。つまり、検索結果上位表示を実現して、多くのアクセスを獲得するということが、企業にとってはSEO対策のゴールとなります。

大切な視点は検索結果は相対的であるということ。相対的というのは、1位があれば、2位もいて、10位もいて100位もいるわけです。つまり、他社との比較によって順位付けられているという事実があることは意外と見過ごされている事実のようです。他社サイトもよく理解しておけば、より効果的なSEO対策が可能となりますので、ぜひ覚えておいていただければと思います。

 

1、Google PageSpeed Insights

マルチデバイスでWEBサイトの読み込み速さとユーザビリティを確認しましょう。

URLを入力すると、こちらのツールはパソコンとモバイル環境における、WEBサイトのローディングとパフォーマンスをテストして、改善点をはっきりとさせてくれます。モバイルの結果は、タップターゲットとフォントサイズの格付けやUXのスコアもつけてくれます。

 

2、Keywordtool.io

単一のキーワードから700以上のキーワードアイデアを導く。

keywordtool-io_

キーワードを入れると、キーワードツールは大量なロングテールキーワード候補を挙げ、アルファベット順に並べてくれます。

 

3、Google Analytics

WEBの統計とインサイトを完全に把握します。

google-analytics-2

ウェブサイトのかなりの情報をトラッキングすることに加え、アナリティクスはページに訪れた人がどんなキーワードインサイトだったかを明確にします。

 

4、Google Search Console + Bing Webmaster Tools

簡単にウェブサイトの解析を行い、アラート、エラーを知らせます。


webmaster-tools

これらのウェブマスターツールは2つのサーチエンジンが皆さんのウェブサイトをどのように捉えているかを垣間見せてくれます。バグ、アラート、問題の一覧を発見するのに役に立ちます。

 

5、Open Site Explorer

広範囲に被リンクを解析します。

open-site-explorer-buffer-1024x399

無料バージョンでは、最もインパクトのあるリンクやリンクされているページの発見も含め、広い範囲での被リンクを簡単に教えてくれます。

 

6、Google Keyword Planner

人々がどんなキーワードで検索しているかを知ることができます。

google-keyword-planner-1024x736

キーワードをツールに入れると、グーグルがキーワード戦略に役に立つ統計データをまとめて教えてくれます。例えば、月次検索ボリューム、競合状況など。そして、思いもしなかったキーワードも提案してくれます。

 

7、Google.com in an Incognito Window

検索キーワード候補をグーグルが教えてくれます。

social-media-search-google-1024x208

グーグルで匿名検索すると、検索画面が関連性の高いキーワードで自動的に埋めるというオプションがあります。それらの多くは、キーワード検索のガイドとして利用できます。匿名検索するためにはグーグルアカウントをログアウトした状態で検索する必要があります。匿名検索すると、特定キーワードの検索結果における、あなたのウェブサイトの順位が確認できます。

 

いかがだったでしょうか。皆さんご存知のものもあるかもしれませんが、知らない情報があったという方もいらっしゃるかもしれませんね。引き続き、次回は「御社のマーケティングを向上させる簡単無料のSEOツール」第2弾をご案内します。お楽しみに!