Communication Energy NewYork

satisfied young woman without make-up

あなたは美しい

私達はもっと社会に貢献できるはずだし、幸せな世の中を作っていくことができます。みなさんは自社の可能性をどのように感じていらっしゃいますか?今日共有したいことは、「共通価値の創造」です。後ほどご覧いただく映像はユニリーバの映像です。ダブというシャンプーなどを製造している会社ですね。しかし、映像を通じて、世の中の女性に明確なメッセージを伝えています。ユニリーバはシャンプーを販売しているのではなく、女性がきれいな社会をつくろうとしています。私はこの映像を見るたびに涙が出てしまいます。

 

 

みなさんは企業として、お客様、社会、社員さんとどのようなコミュニケーションを取っていらっしゃいますか。CENYではコミュニケーションデザインカンパニーとして、企業の社会的価値の向上をお手伝いしています。企業がお客様にメッセージをお伝えするときに、よく顧客ニーズと言われますが、そのニーズを的確に把握できているでしょうか。昨今では、顧客インサイトというキーワードに触れることも多いかと思いますが、顧客すらも気づいていない潜在的なニーズをつかむということは非常に大切なことです。この映像の女性のインサイトは「きれいになりたい」です、が、さらに言えば、「でも、自分をきれいといえる自信がない」といえるかと思います。だから、ユニリーバはその女性たちに自分の美しさに気づいてほしいというメッセージが届けています。シャンプーを販売しているのではない、美しい女性を増やしていることこそがユニリーバが提供している価値と言えます。

 

 

あらためて、コミュニケーションを考えてみていただきたいと思います。みなさまが日々頑張っていらっしゃるお仕事は非常に価値あることだということは間違いありません。その上で、その価値が社会にどのような影響をあたえることができるかは、今まで以上に考えることは決して無駄にはならないと思います。弊社においてもNYに来た頃はWeb戦略を提供しようとしていました。しかし、様々な外部環境を見ていく中で、もっと社会に良い影響を与えることができる仕事があるのではないかと感じるようになり、そこで取り組みだしたことがコミュニケーションデザインです。企業とお客様、企業と社会、企業と社員さんというコミュニケーションそのものをデザインすることができると感じるようになりました。社会の中心には必ず、「人」がいます。その「人」が幸せになる私達の仕事は何なのか、今一度考えてみるきっかけになることができれば嬉しく思います。感謝